IoTデータ可視化サービス「Ambient」を導入する

スポンサーリンク
Ambient

先日、M5StickCとGPSユニットをつないで、緯度、経度が測定できることを確認しました(記事は こちら)が、緯度と経度が分かるようになると、現在地の位置情報を地図上に表示したくなります。

位置情報を地図上に表示する方法を少し調べてみたところ、「Ambient」というWebサービスを使うのが非常に簡単なようです。

Ambientは、IoTデータを可視化するためのWebサービスで、マイコンなどから送られたセンサデータを、簡単に受信・蓄積・可視化(グラフ化)できます。センサ端末の台数やデータ数の制限はあるようですが、無料で利用できます。

色々なIoTシステムを実現する上で便利そうなので、今回はAmbientの導入方法を確認しようと思います。

ユーザ登録

まずは、Ambientのユーザ登録を行います。

  • Ambientのホームページ(https://ambidata.io)にアクセスします。
  • 「ユーザー登録(無料)」をクリックします。
  • メールアドレスとパスワードを入力して「ユーザー登録(無料)」をクリックします。
  • 設定したメールアドレスに確認メールが届くので、記載されているURLにアクセスします。これで登録が完了します。

チャネル作成

  • 「ログイン」をクリックします。
  • 「チャネルを作る」をクリックします。
  • 新しいチャネルが追加されました。これで、Ambientにデータを送る準備ができました。

Ambientライブラリのインストール

次に、Ambientにデータを送るための、M5StickC用のスケッチを準備します。
まずは、Arduino IDEに「Ambientライブラリ」をインストールします。

  • Githubの「Ambientライブラリ」ページ(https://github.com/AmbientDataInc/Ambient_ESP8266_lib)にアクセスします。
  • 「Clone or download」>「Download ZIP」をクリックします。
  • Arduino IDEを起動します。「スケッチ」>「ライブラリをインクルード」>「.ZIP形式のライブラリをインストール…」をクリックし、ダウンロードしたZIPファイルを選択します。
  • もう一度「スケッチ」>「ライブラリをインクルード」を選択します。「Ambient ESP32 ESP8266 lib」があれば、正常にインストールできています。

スケッチ作成・書き込み

M5StickC用のスケッチを作成します。今回はセンサは使わず、以下のようなスケッチを準備しました。一定時間毎に、1ずつカウントアップしたデータを送信するだけのものです。
「ssid」と「password」には、お使いのWi-Fiネットワークの情報を、「channelId」と「writeKey」には、先ほど作ったAmbientチャネルの情報を書き込みます。

#include <M5StickC.h>
#include "Ambient.h"

WiFiClient client;
Ambient ambient;

const char* ssid       = "XXXXXXXX";
const char* password   = "XXXXXXXX";
unsigned int channelId = XXXXX;
const char* writeKey   = "XXXXXXXX";

int cnt=0;

void setup() {
  M5.begin();
  M5.Lcd.setRotation(3);
  M5.Lcd.setCursor(0, 0, 2);

  WiFi.begin(ssid, password);
  while(WiFi.status()!=WL_CONNECTED) {
    delay(500);
    M5.Lcd.print(".");
  }
  M5.Lcd.print("\r\nWiFi connected\r\nIP address: ");
  M5.Lcd.println(WiFi.localIP());
  ambient.begin(channelId, writeKey, &client);
}

void loop() {
  ambient.set(1, cnt++);
  ambient.send();
  M5.Lcd.setCursor(0, 0, 2);
  M5.Lcd.printf("%d\n",cnt);
  delay(5000);
}

M5StickCにスケッチを書き込み、しばらく待ちます。その後、Ambientページの「チャネル名」欄の、該当するチャネル名をクリックすると、送信データのグラフが表示されます(今回はスケッチの再書き込みを行ったため、データが一旦ゼロに戻って、再度カウントアップしています)。

とても簡単にIoTデータのグラフ化ができました。
最近、設備の稼働状態を表示するためのグラフ形式もリリースされたようで、工場などでの現実的な用途にも活用できそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Ambient
スポンサーリンク
シェアする
さとやまノート