お役立ち情報

お役立ち情報 お役立ち情報

「マイクロビットを使ってみる」のブログ記事を、内容ごとに整理して、「目次ページ」としてまとめました。
他のマイクロビット記事にも興味のある方は、「目次ページ」もご活用ください。

スポンサーリンク
お役立ち情報

マイクロビットを使ってみる 〜Macintoshでのプログラム転送方法

ここでは、Macintoshで作成したマイクロビット用プログラムを、マイクロビットに転送する方法を説明します。 なお、本記事で使用している環境は以下のとおりです。 Mac : MacBook Pro (13-inch, 201...
3Dプリンタ

3Dプリンタでマイクロビットゲートウェイのケースを作成する

先日、マイクロビットとESPr Developerを使って、ゲートウェイを作りました(記事は こちら)。 との2チップ構成にすることで、多数のマイクロビットから無線で受信したデータを、Wi-Fi経由でWebサーバに送信するものです。...
3Dプリンタ

3Dプリンタでマイクロビットケースを作成する(第2版)

3Dプリンタ「」とレーザーカッターを使って、マイクロビットのケースを作ります。 今回作るのは、マイクロビットと単四電池2本を横に並べて収納できる、名刺入れサイズのケースです。 ケース本体とフタを3Dプリンタで作成します...
3Dプリンタ

3Dプリンタでマイクロビットケースを作成する(第1版)

先日購入した、3Dプリンタ「」とレーザーカッター「FABOOL Laser Mini」を使って、マイクロビットのケースを作ろうと思います。 マイクロビットにMI:電源ボード(MI:電源ボードについては こちら)を取り付けた状...
お役立ち情報

マイクロビットとESPr Developerでシリアル通信する

先日、マイクロビットとESPr Developerを使って、ゲートウェイをつくりました(記事は こちら)。 エッジノード(マイクロビット)で採取したデータを、以下の流れで、Webサーバに送信するためのものです。 エッジノード(...
お役立ち情報

マイクロビットとESPr Developerでゲートウェイをつくる

マイクロビットは、低電力、無線通信が可能、という特長があり、IoT端末として最適なデバイスです。 プログラムの内容にもよりますが、単三電池2本で1ヶ月以上も連続稼働でき、また、無線で数十mの通信が可能なので、ケーブルなしで所...
お役立ち情報

マイクロビットを使ってみる 〜タミヤのマイコンロボット工作セット

知り合いの方から、タミヤの「マイコンロボット工作セット(クローラータイプ)」をお借りしました。 マイクロビットと超音波センサを搭載した走行ロボットです。 今回は、これを組み立ててみます。 パーツはこのようになっ...
お役立ち情報

マイクロビットを使ってみる 〜電池ボックス

夏休みに、マイクロビットを使った、子供向けのワークショップを行うことになりました。 ワークショップ開催にあたり、参加費を、できるだけ安く抑えたいと思っています。できれば材料費は、マイクロビット本体込みで3000円ぐらいに抑えたいので...
お役立ち情報

マイクロビットを使ってみる 〜アナログ入力ピンの処理

先日、マイクロビットを使って、とある工作を行いました。 単4電池2本で、3週間ちかく連続稼働できる見込みのデバイスです。 稼働時間の確認のため、このデバイスに電池をつないだまま放っていたのですが、何故か、わずか2日ほどで停止...
お役立ち情報

マイクロビットを使ってみる 〜MakeCode for micro:bitをインストールする

マイクロビットで採取したデータをパソコンに転送し、Excelファイルで管理したいと思っていましたが、「MakeCode for micro:bit」というアプリを使えば、簡単に実現できるようです。 そんな訳で、早速「MakeCode...
スポンサーリンク