スポンサーリンク
Unit Cam Wi-Fiカメラ

Unit Cam Wi-Fiカメラの消費電流値(動作周波数変更時)

先日「M5Stamp Pico」について、ESP32の動作周波数を変更したときの消費電流値を調査しました(記事は こちら)。 ディープスリープが使えないような用途において、小型ソーラーパネルで発電した電力で常時稼働させたいというのが...
M5Stamp Pico

M5Stamp Picoでできること 〜動作周波数変更時の消費電流値

これまで、0.3〜2W程度の小型ソーラーパネルからの電源供給で、「M5Stamp Pico」や「Timer Camera」などのM5デバイスを常時稼働させてきました(記事は こちら や こちら)。これらはいずれも、温度などのセンサデータや...
自然農体験

自然農の野菜栽培を体験する 〜ピーマンの栽培

知り合いの方から畑の一画をお借りして、「自然農」での野菜栽培を体験中です。 昨年、タネからピーマンを育てたのですが、あまり実がなりませんでした。リベンジで、今年も同じ方法で、タネから育ててみようと思います。 2月20日...
お役立ち情報

マイクロビットを使ってみる 〜マイクロビットをソーラーパネルで動かす

先日、MakeCodeエディタの「Power」拡張機能を使って、マイクロビットを低電力化し(記事は こちら)、単四型Ni-MH電池2本で長期間連続稼働できることを確認しました(記事は こちら)。マイクロビット無線で1分毎にデータを送信し、...
センサとの接続

M5Stackでできること 〜M5Stackで超音波測距ユニット(I2C)を使う

M5Stackで、モノが動いているかどうかを検知したい機会がありました。 動きを検知する方法はいろいろありますが、今回は「M5Stack用超音波測距ユニット(RCWL-9620)」というセンサを試してみることにしました。セン...
お役立ち情報

マイクロビットを使ってみる 〜マイクロビットを低電力化する 2

先日、MakeCodeエディタの「Power」拡張機能を使って、マイクロビットを低電力化しました(記事は こちら)。 今回は、低電力化したマイクロビットを実際に電池で動かしてみて、本当に長く動くのか、確認してみようと思います。 ...
工作

ダイソーの「ソーラー充電モバイルバッテリー」で「AUTO POWER OFF」機能を試す

ダイソーで「ソーラー充電モバイルバッテリー」という製品を見つけました。 5000mAhのモバイルバッテリーに、小型のソーラーパネルが付いている製品で、価格は税込1100円です。通常は普通のモバイルバッテリーとして、ACアダプタで充電...
自然農学習

「リジェネラティブ農業」と「自然農」のちがい

「リジェネラティブ農業」は「不耕起」をベースとする農業のスタイルです。 「土を育てる」という書籍によると、土を耕さず、常に多様な作物やその他の植物を育てることで、土の中により多くの炭素を閉じ込めることができるようになり、「気...
お役立ち情報

マイクロビットを使ってみる 〜マイクロビットを低電力化する

マイクロビットは、ブロックエディタで子供にも簡単にプログラムがつくれる上、無線機能がついていたり、各種センサやLEDが搭載されていたりと、とても便利で使いやすいマイコンボードです。 また、マイクロビットはホビー用途だけでなく...
自然農学習

「リジェネラティブ農業(環境再生型農業)」について

知り合いの方から畑の一画をお借りして、「自然農」での家庭菜園を楽しんでいます。 さて、環境にやさしい「自然農法」や「自然農」ですが、これらはいずれも日本で個人の方々が提唱されているボトムアップの取り組みであり、いかにも日本的...
スポンサーリンク