マイクロビット

マイクロビット マイクロビット

「マイクロビットを使ってみる」のブログ記事を、内容ごとに整理して、「目次ページ」としてまとめました。
他のマイクロビット記事にも興味のある方は、「目次ページ」もご活用ください。

スポンサーリンク
お役立ち情報

マイクロビットを使ってみる 〜マイクロビットをソーラーパネルで動かす

先日、MakeCodeエディタの「Power」拡張機能を使って、マイクロビットを低電力化し(記事は こちら)、単四型Ni-MH電池2本で長期間連続稼働できることを確認しました(記事は こちら)。マイクロビット無線で1分毎にデータを送信し、...
お役立ち情報

マイクロビットを使ってみる 〜マイクロビットを低電力化する 2

先日、MakeCodeエディタの「Power」拡張機能を使って、マイクロビットを低電力化しました(記事は こちら)。 今回は、低電力化したマイクロビットを実際に電池で動かしてみて、本当に長く動くのか、確認してみようと思います。 ...
お役立ち情報

マイクロビットを使ってみる 〜マイクロビットを低電力化する

マイクロビットは、ブロックエディタで子供にも簡単にプログラムがつくれる上、無線機能がついていたり、各種センサやLEDが搭載されていたりと、とても便利で使いやすいマイコンボードです。 また、マイクロビットはホビー用途だけでなく...
センサ・電子回路との接続

マイクロビットを使ってみる 〜マイクロビットで豆電球を光らせる

マイクロビットの出力端子からは、少しの電気(数mA)しか流すことができません。 そのため、少しの電気でも光る「LED」なら、マイクロビットの出力端子につないで光らせることができますが、よりたくさんの電気が必要な「豆電球」は、マイクロ...
電子工作の作例

マイクロビットのデータをM5StackでWeb送信するためのUIFlowプログラムをつくる

マイクロビットは、イギリスの公共放送局であるBBCが主体となって開発した、教育向けのマイコンボードです。「MakeCodeエディタ」というブロックプログラミング環境を使うことで、子供でも直感的にプログラムをつくることができます。 ...
センサ・電子回路との接続

マイクロビットを使ってみる 〜電子回路(コンデンサとトランジスタ)

マイクロビットには、他の電子部品をつなぐための「入出力端子」があります。ワニ口クリップやネジをつかって、マイクロビットと他の電子部品をつなぐことができます。 ここでは、さまざまな電子部品のうち「コンデンサ」と「トランジスタ」について...
センサ・電子回路との接続

マイクロビットを使ってみる 〜電子回路(モータードライバ)

マイクロビットには、他の電子部品をつなぐための「入出力端子」があります。ワニ口クリップやネジをつかって、マイクロビットと他の電子部品をつなぐことができます。 ここでは、マイクロビットでモーターの回転方向を制御する方法を説明します。「...
センサ・電子回路との接続

マイクロビットを使ってみる 〜電子回路(モーター)

マイクロビットには、他の電子部品をつなぐための「入出力端子」があります。ワニ口クリップやネジをつかって、マイクロビットと他の電子部品をつなぐことができます。 ここでは、さまざまな電子部品のうち「モーター」について説明します。モーター...
センサ・電子回路との接続

マイクロビットを使ってみる 〜電子回路(LEDと抵抗)

マイクロビットには、他の電子部品をつなぐための「入出力端子」があります。ワニ口クリップやネジをつかって、マイクロビットと他の電子部品をつなぐことができます。 ここでは、さまざまな電子部品のうち「LED」と「抵抗」について説明します。...
電子工作の作例

マイクロビットを使ってみる 〜ドキドキ脱出ゲーム

マイクロビットを使って「ドキドキ脱出ゲーム」をつくります。 ゲーム内容 2本の針金でコースをつくります。別の針金を手に持ちます。Aボタンを押したらカウントダウンが始まり、ゲーム開始です。手に持った針金を、コースの2本の...
スポンサーリンク