M5Stamp Pico

M5Stamp Pico M5Stamp Pico

「M5Stamp Picoでできること」のブログ記事を、内容ごとに整理して、「目次ページ」としてまとめました。
他のM5Stamp Pico記事にも興味のある方は、「目次ページ」もご活用ください。

スポンサーリンク
M5Stamp Pico

M5Stamp Picoでできること 〜ビニールハウスの「温度観測装置」をつくる

知り合いの農家の方が、ビニールハウスでイチゴ栽培をしておられるのですが、そのハウスにて、温度を観測・記録したいと考えています。 イチゴ栽培においては、温度の管理が大切とのことで、特にクラウンと呼ばれる株元の温度により、成長の具合が大...
M5Stamp Pico

M5Stamp Picoでできること 〜スケッチが書き込めない原因

これまで「M5Stamp Pico」を何台か購入し、さまざまな用途のIoTデバイスとして使ってきました。 今回、再度「M5Stamp Pico」を購入したのですが、いざ使おうと思ったところ、Arduino IDEからスケッチが書き込...
M5Stamp Pico

M5Stamp Picoでできること 〜多数の静電容量型土壌水分センサを畑に設置する

先日、畑の環境情報(気温、湿度、土中温度、土中水分量)を採取するためのIoTシステムをつくり(記事は こちら)、実際にデバイスを畑に設置して動作確認中(記事は こちら)ですが、このブログ記事をご覧になった方から、「土壌水分センサ」について...
M5Stamp Pico

M5Stamp Picoでできること 〜「環境情報採取装置」を畑に設置する

先日、畑の環境情報を採取するためのIoTシステムをつくりました(記事は こちら)。 ひとつの「M5Stamp Pico」に、「ENV IIユニット」、ふたつの「防水型温度センサ(DS18B20)」、「静電容量型土壌水分センサ」をつな...
M5Stamp Pico

M5Stamp Picoでできること 〜畑の「環境情報採取装置」をつくる

これまで、畑に「ソーラー発電システム」や「モバイルWi-Fiルータ」、「M5Camera」などのIoTデバイスを設置して、畑の写真を定期的にWebサーバに送信したりと、いろいろな実験をしてきました。 また、それらの実験と並行して、ソ...
M5Stamp Pico

M5Stamp Picoでできること 〜静電容量型土壌水分センサをつかう

畑にIoTデバイスを設置し、そこに安価なセンサをつないで、いくつかの環境データを採取しようと考えています。 その際には、気温や湿度などの他に、「土壌水分量」も採取しようと思っています。 ただ、電子工作でよく見かける「抵抗感知型...
M5Stamp Pico

M5Stamp Picoでできること 〜ニッケル水素電池で長期間連続稼働させる

「M5Stamp Pico」は、他のM5Stack社のモジュールに比べて「ディープスリープ時」の消費電力が非常に小さく、「間欠的にデータ採取するIoTデバイス」を「電池」で動かしたいというような用途に向いています。実際に「M5Stamp ...
M5Stamp Pico

M5Stamp Picoでできること 〜防水温度センサ(DS18B20)を使う

「M5Stamp Pico」の動作確認(記事は こちら)、および消費電力調査(記事は こちら)が完了したので、次は実際に、簡単なIoTデバイスをつくってみようと思います。 防水タイプの温度センサ「DS18B20」をM5Stamp P...
M5Stamp Pico

M5Stamp Picoでできること 〜M5Stamp Picoの消費電流値

先日、「M5Stamp Pico」の動作確認を行いました(記事は こちら)。 M5Stack社の各モジュールは、はんだづけなどの面倒な加工をしなくても、簡単にIoTデバイスをつくれるのが特長です。ただ、ディープスリープ中であっても消...
M5Stamp Pico

M5Stamp Picoでできること 〜M5Stamp Picoの使い方

M5Stack社より「M5Stamp Pico」という製品が発売されました。 「M5Stamp Pico」は、「M5stickC」や「ATOM Lite」などと同じく「ESP32-PICO-D4」を搭載したモジュールです。 他...
スポンサーリンク