M5StickC

スポンサーリンク
お役立ち情報

M5StickCでできること 〜SDカードを接続する

M5StickCは、内蔵のセンサや、各種外付けセンサを使って、簡単にさまざまな環境データを採取することができ、安価なIoTデバイスとしての活用が可能です。 IoTデバイスとして使う場合、Webサーバなどにデータを送信して利用...
お役立ち情報

M5StickCでできること 〜センサでのデータ採取と画面表示を同時に行う

M5StickCをIoTデバイスとして利用する場合、各種センサでデータを採取したり、採取したデータをサーバに送信したり画面に表示したりと、いくつかの処理を行うことになります。 その際、例えば画面に何かを表示する処理を行っているが、その処理...
お役立ち情報

M5StickCでできること 〜Wi-Fiでデータ送信できる時間間隔

M5StickCはWi-Fi通信機能を内蔵しており、センサで採取したデータなどを、Wi-Fi経由でWebサーバに送信することができます。 今回は、このWi-Fi通信機能を使って、どのぐらいの時間間隔で、M5StickCからWebサー...
お役立ち情報

M5StickCでできること 〜加速度センサでデータ採取できる時間間隔

M5StickCには、MPU6886という加速度センサが搭載されています(初期モデルにはSH200Qが搭載されています)。 今回は、このMPU6886を使って、どのぐらいの時間間隔で加速度情報を採取できるか確認してみました。 ...
お役立ち情報

M5StickCでできること 〜M5StickCの消費電流値

先日、M5StickC内蔵の加速度センサでM5StickC本体の傾きを測定し、一定時間毎にWebサーバに送信するスケッチをつくりました(記事は こちら)。 その際、スケッチを書き込んだM5StickCは、内蔵バッテリーで駆動させてい...
お役立ち情報

M5StickCでできること 〜UIFlowの環境構築方法

M5StackやM5StickCでは、プログラム開発環境として、「Arduino IDE」や「UIFlow」などを利用することができます。 私はこれまで、「Arduino IDE」を使ってプログラムをつくってきましたが、今回は、M5...
Webプログラミング

M5StickCとWebプログラムで子供の自宅学習時間を確認する

先日、子供の勉強時間を記録するためのWebプログラムをつくりました(記事は こちら)。 勉強を始めた時と、勉強が終わった時に、ボタンをタップすることで、その日の勉強時間をグラフで確認することができるというものです。 1日の勉強時間を...
電子工作の作例

M5StickCでできること 〜傾きに応じて画面上のボールを転がしてバウンドさせる

M5StickCには6軸センサが搭載されており、M5StickC本体の傾きなどを検知することができます。 また、LCDも搭載されており、画面上に図形を描画することもできます。 先日、これらの機能を利用して、「M5StickC...
電子工作の作例

M5StickCでできること 〜画面上のボールをバウンドさせる

M5StickCにはLCDが付いているので、画面上で図形を動かすようなスケッチを作ることができます。 今回は、M5StickCの画面上で、ボールを自由落下させ、地面に着いた時に跳ね返るようなスケッチを作ってみます。 ひ...
電子工作の作例

M5StickCでできること 〜M5StickCをかたむけて画面上のボールを転がす

M5StickCには、MPU6886という6軸センサが搭載されています。 今回は、このセンサを使って、「M5StickC本体を傾けると、それに応じて、LCDに表示されているボールが転がる」というスケッチを作ってみます。 ...
スポンサーリンク