IFTTT(Webhooks)の使い方 〜アカウント取得からアプレット作成まで

スポンサーリンク
IFTTT

IoTデバイスで測定したデータを、Googleスプレッドシートに保存したり、測定したデータに基づいてメール送信したりするために、「IFTTT」というWebサービスを使います。

IFTTTは、異なるWebサービス同士を、自動的に連携してくれるWebサービスで、無料で使用できます。
IFTTTは「IF This Then That」の略で、「もし、これをしたら、あれをする」という意味合いです。「This」と「That」にそれぞれ、所望のWebサービスを割り当てることで、プログラミングなどをせずに、例えば以下のような新しいサービスを作ることができます。

  • スマホの位置情報サービスとメールを組み合わせて、乗換駅に着いたときに、自動で家族にメールを送信する。
  • 特定のハッシュタグを付けたTwitterのつぶやきを、Facebookにも自動投稿する。
  • Instagramに写真を投稿したときに、同時にDropboxにバックアップする。

また、IoTデバイスを、IFTTT内の他のWebサービスと連携させるために、IFTTTの「Webhooks」サービスを使います。

Webhooksは、Webリクエストを作成・受信できる任意のデバイスやアプリを、他のWebサービスと連携させるものです。
例えば、IoTデバイスは、データを測定したときに、Webリクエストを作成します。すると、それをWebhooksが受信し、他のWebサービス(たとえばGoogleスプレッドシート)に引き渡します。これにより、スプレッドシートに測定データを保存することができます。

ここでは、IFTTTで、以下のふたつのアプレット(IFTTTに実施させる処理内容を定義したもの)を作成してみます。

  • IoTデバイスからWebリクエストを受信したときに、Googleスプレッドシートにデータを追記する。
  • IoTデバイスからWebリクエストを受信したときに、メールを送信する。

IFTTTアカウントの取得

まず最初に、IFTTTアカウントを取得します。

  • ChromeなどのWebブラウザで、IFTTTのトップページ( https://ifttt.com )にアクセスします。
  • 「Sign up」をクリックします。
  • 「Or use your password to sign up or sign in」の「sign up」をクリックします。
  • メールアドレスとパスワードを入力して「Sign up」をクリックします。

これでIFTTTアカウントの取得は完了です。

アプレット作成1(スプレッドシート)

それでは、「IoTデバイスからWebリクエストを受信したときに、Googleスプレッドシートにデータを追記する」アプレットを作成します。

  • 右上の顔型のアイコンで、「Create」をクリックします。
  • 「This」をクリックします。
  • 検索窓で「Webhooks」を検索します。
  • 「Webhooks」をクリックします。
  • 「Connect」をクリックします。
  • 「Receive a web request」をクリックします。
  • 「Event Name」に「Send_to_Table」と入力して、「Create trigger」をクリックします。
  • 「That」をクリックします。
  • 検索窓で「Google」を検索します。
  • 「Google Sheets」をクリックします。
  • 「Connect」をクリックします。
  • スプレッドシートを作るGoogleアカウントを選択します。
  • パスワードを入力して「次へ」をクリックします。
  • 「IFTTTがGoogleアカウントへのアクセスをリクエストしています」と表示されますので、「許可」をクリックします。
  • 「Add row to spreadsheet」をクリックします。
  • 「Spreadsheet name」を「device01_table」に、「Formatted row」を「Value1 ||| OccurredAt ||| Value2」に、「Drive folder path」を「IFTTT/MakerWebhooks/EventName」に、それぞれ変更して、「Create action」をクリックします。
  • 「Finish」をクリックします。

新しいアプレットができました。「Send_to_Table」という名前のWebリクエストを受信したときに、「device01_table」というファイル名のスプレッドシートに1行(受信時刻とふたつの値)追記するものです。

アプレット作成2(メール送信)

次に、「IoTデバイスからWebリクエストを受信したときに、メールを送信する」アプレットを作成します。

  • 右上の顔型のアイコンで、「Create」をクリックします。
  • 「This」をクリックします。
  • 検索窓で「Webhooks」を検索します。
  • 「Webhooks」をクリックします。
  • 「Connect」をクリックします。
  • 「Receive a web request」をクリックします。
  • 「Event Name」に「Send_to_Mail」と入力して、「Create trigger」をクリックします。
  • 「That」をクリックします。
  • 検索窓で「Email」を検索します。
  • 「Email」をクリックします。
  • 「Connect」をクリックします。
  • 「Email address」を入力して、「Send PIN」をクリックします。
  • メールでPIN(4桁の数字)が送られてくるので、それを「PIN」の欄に入力して、「Connect」をクリックします。
  • 「Send me an email」をクリックします。
  • 「Subject」を「赤ランプが点灯しました」に、「Body」を「Value1 の赤ランプが点灯しました<br> When: OccurredAt<br>」に、それぞれ変更して、「Create action」をクリックします。
  • 「Finish」をクリックします。

新しいアプレットができました。「Send_to_Mail」という名前のWebリクエストを受信したときに、自分のメールアドレスに「赤ランプが点灯しました」というタイトルのEmailを送信するものです。

「My services」>「Webhooks」をクリックすると、今回作成したふたつのアプレットが一覧表示されます。

動作確認

作成したアプレットが、正しく動作することを確認します。

  • 「My services」>「Webhooks」>「Documentation」をクリックします。
  • 「{event}」に「Send_to_Table」を、「value1」に「mb1111」を、「value2」に「yellow」を、それぞれ入力して、「Test it」をクリックします。
  • 同様に、「value1」に「mb2222」を、「value2」に「red」を、それぞれ入力して「Test it」をクリック、「value1」に「mb3333」を、「value2」に「green」を、それぞれ入力して「Test it」をクリックします。それぞれの「Test it」をクリックした後は、「Event has been triggered.」と、メッセージが表示されます。
  • Googleスプレッドシートのトップページ(https://sheets.google.com)にアクセスします。Googleアカウントにログインしていれば、自分のスプレッドシートページが開きます。「device01_table」という名前のファイルができています。
  • 「device01_table」をクリックすると、スプレッドシートが開きます。先ほど「Test it」で送信したデータが、正しく書き込まれていることが確認できます。
  • 「{event}」に「Send_to_Mail」を、「value1」に「mb1111」を、「value2」に「red」を、それぞれ入力して、「Test it」をクリックします。
  • メールをチェックすると、「赤ランプが点灯しました」というタイトルのEmailが届いていることが確認できます。

以上で、作成したアプレットが、正しく動作することを確認できました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
IFTTT
スポンサーリンク
シェアする
さとやまノート