Webプログラムで子供の自宅学習時間を確認する

スポンサーリンク
Webプログラミング

新型コロナウィルスによる学校の休校措置が長期間続いており、子供はもう本当に長い間、ほとんど家に閉じこもっています。

学校からは、登校はできないが、その間はしっかり自宅学習するように、との連絡が来ており、子供自身も「きちんと勉強している」と言っています。
ただ、親の立場からは、どう見ても、のんびりしている時間も多く、学校に行っている時と比べると、格段に勉強時間が短いように見えてしまいます。
だからといって、一日中、子供の横に付きっきりで、きちんと勉強しているか、チェックし続けることもできません。

この状況が、今後もしばらく続くかもしれないと考えると、いったい、一日にどれぐらい勉強しているのか気になってきました。

そんな訳で、PHPでちょっとしたプログラムをつくってみました。

SafariなどのWebブラウザで、該当ページにアクセスすると、緑色の「勉強開始」というボタンが表示されます。
このボタンを押すと、勉強時間の計測を始めます。また、ボタンは赤色の「勉強終了」に変わります。
「勉強終了」ボタンを押すと、その回の勉強時間と、当日の勉強時間累計が表示されます。

Webプログラムで子供の自宅学習時間を確認する

ついでに、視覚的に分かりやすいように、その日、勉強した時間帯を、グラフ表示するようにしました。左端が0時、右端が24時の帯状のグラフで、勉強していた時間帯が赤色で表示されます。

機能的には、単なるストップウォッチで、勉強時間の表示を視覚的にわかりやすくしただけのものです。

子供に使用させてみた結果は以下のとおりです。

結局は子供の自己申告なので、正しいかどうかはわかりませんが、子供に勉強時間を意識させるのには有用ではないか?と思います。

何かのセンサを使って、ボタンを押さなくても勉強時間を計測できないかと考えていますが、なかなか良いネタが思い浮かびません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Webプログラミング
スポンサーリンク
シェアする
さとやまノート