植樹した白樺の苗の生育記録

スポンサーリンク
生育実験

我が家では、年に2回程度のペースで、長野県に旅行に行っています。

その際はいつも、同じ宿泊施設を利用させていただいているのですが、この施設で数年前(2012年の春)、「白樺の苗を植樹」するイベントがありました。
施設の裏には雑木林があるのですが、そこで発芽した白樺の芽を自宅に持ち帰り、1年程度自宅で育てて大きくしてから、再び施設裏の雑木林に植えるというものです。

我が家もこのイベントに参加し、今年(2020年)で、白樺の芽を採取してから8年が経つのですが、今年の夏、久しぶりに見に行ったところ、とても大きくなっていて驚きました。
あまりに一気に成長しているように感じたので、これまでの成長具合がどうだったのか、過去の写真画像を引っ張り出してきて再確認してみることにしました。

2012年5月

芽を採取したのは2012年の5月です。こんな感じでした。

芽を自宅に持ち帰り、植木鉢に植え直して自宅ベランダで育てました。以下は自宅に持ち帰ってから1ヶ月半ぐらい経った時の画像です。
自宅は兵庫県にあり、ベランダは西向きのため、夏場は非常に高温になります。苗は2本持ち帰ったのですが、残念ながら、1本は高温のため枯れてしまいました。

2013年5月

自宅で1年間育てた結果、このぐらいの大きさになりました。
これを宿泊施設裏の雑木林に植樹しました。

2013年12月

全く大きくなっていないように見えます。

2014年5月

冬から春にかけて、幹が若干太くなっているような気がします。

2014年12月

2015年5月

2015年12月

2016年5月

2016年12月

2017年5月

2017年12月

2018年5月

2018年12月

2019年5月

2019年8月

2020年1月

結構太くなったような気がします。

2020年8月

今回の画像がこちらです。やはり一気に太くなっています。直径が4cmぐらいありそうです。
地面から50cmあたりの高さで樹皮が剥けています。シカか何かの被害にあっているのかもしれません。

すっかり木になっています。
夏場に見に来れる機会は少ないのですが、やはり夏は葉が繁ってきれいです。