WordPress 〜既存の公開済みホームページをSSL化する方法

スポンサーリンク
環境設定

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット上でのブラウザ〜サーバ間のデータ通信を暗号化する仕組みのことです。
ウェブサイトがSSL化されている場合、そのサイトのURLは先頭が「https://」となり、ブラウザのURL欄に「鍵マーク」が表示されます。

先日、SSL化せずに作成・公開されているウェブサイト(http://ドメイン名)を、SSL化(https://ドメイン名)する機会がありましたので、ここでは、その手順について説明します。

なお、このサイトは、

  • さくらのレンタルサーバ(独自ドメイン)
  • WordPress
  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール
  • Bing Webマスターツール

を使用していますので、これらそれぞれの設定変更手順を説明します。

さくらのレンタルサーバの設定変更手順

  • さくらのサーバコントロールパネルにログインします(今回は、茶色いデザインの「旧」コントロールパネルにログインしました)。
  • 「ドメイン/SSL設定」をクリックします。
  • SSL化するドメインの「証明書」欄にて「登録」をクリックします。
  • 「無料SSL設定へ進む」をクリックします。
  • 「無料SSLを設定する」をクリックします。

数分後に「SSLサーバ証明書発行のお知らせ」というメールが届きます。これで、SSL化は完了です。
自分のサイトのURL先頭を「https://」に変更してもサイトにアクセスできること、その際にブラウザのURL欄に「鍵マーク」が表示されることを確認します。

WordPressの設定変更手順

  • さくらのレンタルサーバでWordPressをインストールすると、「SAKURA RS WP SSL」プラグインがインストールされているはずなので、これを有効化します。
  • 「設定」>「SAKURA RS SSL」をクリックします。
  • 「共有SSLを利用している、もしくはSSL証明書をレンタルサーバコントロールパネルから設定した」にチェックを入れます。
  • 「https://ドメイン名」でサイトにアクセスできること、「https://ドメイン名/wp-admin」でWordPress管理画面にアクセスできることを確認した上で、「実際にSSLを利用してサイトと管理画面へアクセスできる」にチェックを入れます。
  • 「SSL化を実行する」をクリックします。
  • もしも「設定」>「一般」の「WordPressアドレス」、「サイトアドレス」が「http://〜」のままだったら、「https://〜」に変更します。

設定途中で、WordPressから一旦、強制的にログアウトされることがありますので、その場合は再度ログインして作業を継続します。
この設定変更を行った後は、WordPressへのログインURLは「https://ドメイン名/wp-login.php」になります。

Googleアナリティクスの設定変更手順

プロパティの設定

  • Googleアナリティクスにログインします。
  • 左メニューの「歯車」アイコン(管理)をクリックし、「プロパティ設定」をクリックします。
  • 「デフォルトのURL」で「https://」を選択して「保存」をクリックします。

ビューの設定

  • 左メニューの「歯車」アイコン(管理)をクリックし、「ビューの設定」をクリックします。
  • 「ウェブサイトのURL」で「https://」を選択して「保存」をクリックします。

Googleサーチコンソールの設定変更手順

プロパティの追加

  • Googleサーチコンソールにログインします。
  • 管理画面左上のドメインが記載されている箇所をクリックし、最下部の「プロパティを追加」をクリックします。
  • 「https://ドメイン名」と入力して「追加」をクリックします。同様に「https://www.ドメイン名」も追加します。これにより、既に登録済みの「http://ドメイン名」、「http://www.ドメイン名」とあわせて、以下の4種類のURLが登録されていることになります。
    • http://ドメイン名
    • http://www.ドメイン名
    • https://ドメイン名
    • https://www.ドメイン名

サイトマップの送信

  • WordPressに「Google XML Sitemaps」などのプラグインをインストールしていれば、サイトのSSL化を実施したときに、SSL化されたXMLサイトマップ「https://ドメイン名/sitemap.xml」ができているはずなので、これを開き、記載されているURLが「https://」で始まっていることを確認します。
  • 管理画面左上のプロパティ欄で、「https://ドメイン名」を選択した上で、管理画面の「サイトマップ」をクリックします。
  • サイトマップのURLを入力して「送信」をクリックします。

クロールの依頼

  • 管理画面の「URL検査」をクリックし、URLを入力します。
  • 「URLがGoogleに登録されていません」と表示されている欄で「インデックス登録をリクエスト」をクリックします。

Bing Webマスターツールの設定変更手順

URLの変更

  • Bing Webマスターツールにログインします。
  • 「サイトダッシュボード」で、所望のサイトをクリックします。
  • メニューで「診断ツール」>「サイト移転」をクリックします。
  • 「URLを現在のサイト内で別の場所へ変更しました」を選択、「スコープ」で「ディレクトリ」を選択します。「ソース」には登録済みの「http://ドメイン名」が入力されているので、「移動先」にSSL化された「https://ドメイン名」を入力して「送信」をクリックします。

サイトマップの送信

  • 「サイトダッシュボード」で、所望のサイトをクリックします。
  • 「サイトマップ」の「サイトマップの送信」をクリックし、サイトマップのURLを入力して「送信」をクリックします。

これで、SSL化のための作業は完了です。

 

なお、私がWordPressの使い方を習得するのにあたっては、以下の書籍を参考にさせていただきました。

WordPressについては、Web上にもたくさんの情報がありますが、きちんと理解して使いたい場合には、一度書籍も読んでおいた方がいいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
環境設定
スポンサーリンク
シェアする
さとやまノート