WordPress 〜バックアップ用プラグイン「UpdraftPlus」の設定・使用方法

スポンサーリンク
お役立ち情報

「UpdraftPlus」は、WordPress上のファイルとデータベースを、ごく簡単な手順で、さまざまなストレージにバックアップすることができるプラグインです。

ここでは、WordPress用のバックアッププラグイン「UpdraftPlus」の設定方法、および使用方法を説明します。
なお、ここで使用するUpdraftPlusのバージョンは「1.16.26」です。

インストール

  • WordPress管理画面から「プラグイン」>「新規追加」をクリックします。
  • 検索窓に「UpdraftPlus」を入力して検索し、見つかった「UpdraftPlus WordPress Backup Plugin」を「今すぐインストール」し、インストールが完了したら「有効化」します。

正常にインストール、有効化が完了すると、WordPress管理画面の「設定」に、「UpdraftPlus Backups」が追加されます。

設定

  • 「設定」>「UpdraftPlus Backups」をクリックします。
  • 「設定」タブをクリックします。
  • ファイルとデータベースの「バックアップスケジュール」をともに「手動」に、「予約からのバックアップを保存しておく数」をともに「2」にしておきます(いずれも初期値のままです)。ここを変更することで、定期的に自動でバックアップをとることもできるようになります。
  • 「保存先を選択」で、「Google Drive」を選択し、一旦「変更を保存」をクリックします。
  • 「リモートストレージの認証」ウィンドウが開き、「完了するための承認手順があるリモートストレージオプションを選択しました:このリンクをクリックして、Google Driveアカウントへのアクセスを許可してください。」と表示されるので、リンクをクリックします。
  • Googleの「アカウントを選択」ウィンドウが開くので、所望のアカウントを選択してログインします。
  • 「UpdraftPlus が Google アカウントへのアクセスをリクエストしています」と表示されるので、「許可」をクリックします。
  • UpdraftPlusのウィンドウが開くので、「Complete setup」をクリックします。「設定」>「UpdraftPlus Backups」のページに戻ります。

これで設定は完了です。

バックアップ

  • WordPress管理画面から「設定」>「UpdraftPlus Backups」をクリックし、「バックアップ/復元」タブをクリックします。
  • 「今すぐバックアップ」をクリックします。
  • 「新規バックアップを取得」ウィンドウが開くので、「バックアップにデータベースを含める」、「バックアップ内のすべてのファイルを含める」、「このバックアップをリモートストレージに送信」にチェックを入れて、「今すぐバックアップ」をクリックします。
  • 画面上にバックアップの進捗状況が表示されます。バックアップが完了すると、「最後のログメッセージ」の欄に、「バックアップは成功したようで、現在は完了しています」と表示されます。また、「既存のバックアップ」欄に、バックアップデータが表示されます。

これでバックアップは完了です。
Google Driveを確認すると、「マイドライブ」の下に「UpdraftPlus」フォルダができており、その中に「backup_xxx」というファイルがいくつかできているはずです。

 

なお、私がWordPressの使い方を習得するのにあたっては、以下の書籍を参考にさせていただきました。

WordPressについては、Web上にもたくさんの情報がありますが、きちんと理解して使いたい場合には、一度書籍も読んでおいた方がいいかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
お役立ち情報
スポンサーリンク
シェアする
さとやまノート