2020-08

スポンサーリンク
獣害対策

丹波篠山市で「獣がい対策実践塾」に参加しました

先日、丹波篠山市で開催された「獣がい対策実践塾」というイベントに参加してきました。 このイベントは、丹波篠山市で活動しておられる「里地里山問題研究所(略称:さともん)」というNPO法人が主催しているもので、この地域で大きな問題となっ...
お役立ち情報

M5StickCでできること 〜LCD画面に現在時刻を表示する

M5StickCをIoTデバイスとして利用する場合、センサで各種データを採取するのと同時に、そのデータを採取した時刻も取得したいケースがあります。 そんな訳で、今回は、M5StickCからNTPサーバーに接続して、時刻情報を...
お役立ち情報

M5StickCでできること 〜加速度センサのデータをSDカードに書き込む

前回の調査(こちら)で、M5StickCとSDカードリーダーをつなぎ、M5StickCからSDカードを認識させることができました。 今回は、センサで採取したデータを、実際にSDカードに書き込んでみようと思います。 以前、M5S...
生育実験

変わり種カボチャのタネを自家採種する

自宅近くの里山地域で「自然農」での野菜栽培体験を始めてから、毎週のように、畑の近くにある農産物の直売所に行っています。 先日、いつものように伺ったところ、これまで見たことのないカボチャがありました(もしかしたら、一般の人は普通に知っ...
お役立ち情報

M5StickCでできること 〜SDカードを接続する

M5StickCは、内蔵のセンサや、各種外付けセンサを使って、簡単にさまざまな環境データを採取することができ、安価なIoTデバイスとしての活用が可能です。 IoTデバイスとして使う場合、Webサーバなどにデータを送信して利用...
環境設定

WordPress 〜エックスサーバーでサブドメインを取得してホームページ開設

エックスサーバーでは、ドメイン設定で追加済みの独自ドメインに対して、サブドメインを追加することができます(初期ドメイン「<サーバーID>.xsrv.jp」にはサブドメインを追加できません)。 ここでは、エックスサーバーで...
お役立ち情報

M5StickCでできること 〜センサでのデータ採取と画面表示を同時に行う

M5StickCをIoTデバイスとして利用する場合、各種センサでデータを採取したり、採取したデータをサーバに送信したり画面に表示したりと、いくつかの処理を行うことになります。 その際、例えば画面に何かを表示する処理を行っているが、その処理...
自然農体験

自然農の野菜栽培を体験する 〜バジルのタネの採取

ゴールデンウィークにバジルの苗を植えました。 6月下旬まではスクスクと成長し、いくらかは葉も収穫したのですが、今年の梅雨は雨が非常に多かった上、警報クラスの大雨や暴風も頻繁に発生し、7月下旬には、すっかりダメになってしまいました。 ...
お役立ち情報

M5StickCでできること 〜Wi-Fiでデータ送信できる時間間隔

M5StickCはWi-Fi通信機能を内蔵しており、センサで採取したデータなどを、Wi-Fi経由でWebサーバに送信することができます。 今回は、このWi-Fi通信機能を使って、どのぐらいの時間間隔で、M5StickCからWebサー...
お役立ち情報

M5StickCでできること 〜加速度センサでデータ採取できる時間間隔

M5StickCには、MPU6886という加速度センサが搭載されています(初期モデルにはSH200Qが搭載されています)。 今回は、このMPU6886を使って、どのぐらいの時間間隔で加速度情報を採取できるか確認してみました。 ...
スポンサーリンク