自然農の野菜栽培を体験する 〜サニーレタスの栽培

スポンサーリンク
自然農体験

知り合いの方から畑の一画をお借りして、「自然農」での野菜栽培を体験中です。
農薬や肥料(有機肥料も)を使わず、野菜を育てています。

肥料を使っていないので、野菜によってはほとんど収穫できなかったりもしますが、そんな中、去年の秋冬シーズンには「サニーレタス」がとてもいい感じに育ちました。

それに味をしめて、今シーズンもサニーレタスを育てることにしました。

去年と同様、自宅ベランダでタネからポット苗を育て、それを畑に植え付けることにします。

8月9日、ポットにタネをまきました。
タネはホームセンサーで購入したもの(去年のあまり)、土もホームセンターで購入した「種まき培土」を使います。

8月12日(タネまきから3日)、芽が出てきました。

8月30日(タネまきから21日)の様子です。そろそろ畑に植え付けても良さそうです。
去年は、酷暑状態のベランダで、きちんと苗が育ってくれるのか不安いっぱいでしたが、今年はお盆頃にずっと天気が悪く、気温もそれほど高くならなかったので、特に気にせずに育てることができました。

9月5日(タネまきから27日)、畑に苗を植え付けました。
弱々しいので、マルチ代わりに稲藁を敷いておきます。

9月16日(タネまきから38日)の様子です。なんとか育ってくれています。

9月20日(タネまきから42日)の様子です。一気に大きくなってきました。

9月30日(タネまきから52日)の様子です。さらに大きくなり、もう収穫できそうです。

10月3日(タネまきから55日)、葉っぱをつんで初収穫しました。

今回も、サニーレタスはとても順調に育ちました。
同じタイミングで、他にもいくつかの秋冬野菜のタネをまいていますが、最初に収穫できたのはサニーレタスです。
去年はこのまま、春先まで収穫し続けることができましたので、今年も期待したいと思います。