自然農の野菜栽培を体験する 〜秋冬野菜の生育状況

スポンサーリンク
自然農体験

知り合いの方から畑の一画をお借りして、「自然農」での野菜栽培を体験中です。

以下の書籍を参考にして、1m2単位の畝を準備し、そこで野菜を育てています。

先日、いくつかの秋冬野菜のタネを撒きました(記事は こちら)。

こんな感じで撒いています。

7月にタネを撒いたニンジンが1本だけ残っているので、その他の場所にタネを撒いています。
サニーレタスだけは、自宅のベランダで3週間ほど育てた苗(記事は こちら)を植えています。

種まきからちょうど1ヶ月たったので、様子を見に行きました。

7月に植えたニンジンは、元気に育っています。
どのぐらいが収穫時なのかよく分からないのですが、まだしばらくは置いておこうと思います。

ホウレンソウ、ゴボウ、ニンジンは、きれいにスジ状に育っています。

少し大きくなってきたので、株間が数cmになるように間引きをしました。

自宅で育てたサニーレタスの苗はヒョロヒョロで、とてもまともに育つようには見えなかったのですが、畑に植え替えた6本のうち4本は元気に育っています。
とてもしっかり育っていて、もう食べられるくらいの感じです。

ダイコンとカブは、全く育っていません。
知り合いの農家の方には、ダイコンもカブも、芽が出るまでは結構簡単だと聞いていたのですが、タネが雨で流れてしまったか、芽が出てすぐに虫に食われてしまったのかもしれません。
もしくは、雑草と間違えて、自分で切ってしまったのかもしれません。

今からタネを撒いても、まだ大丈夫とのことだったので、タネを撒きなおしました。

さて、こちらの空いているスペースにはキャベツの苗を植えます。

この苗は、自宅のベランダで、9月前半から40日ほど育てたものです。

結構しっかり育っているので、なんとかこのまま大きくなって欲しいものです。

一緒に畑をやっている方がとり忘れた(?)オクラが、むちゃくちゃ大きくなっていました。

すっかりタネができているのもありました。来年の春、使えそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
自然農体験
スポンサーリンク
シェアする
さとやまノート